• 柳田工務店
  • 新生湯
  • 松の湯
  • 富士見湯
P2Mシニア姿勢矯正クラス

◆ロコモは寝たきりや要介護の主な原因です

P2M講師プロフィールロコモの原因は、加齢による運動器不全と言われています。
加齢や運動不足により筋力が衰え、骨格を正しい位置で支えることができなくなります。それにより、骨盤を中心とする骨格の変形や骨密度の低下が起こり、人間の基本動作である立つ、歩く、座るなどの姿勢を維持することが困難になってきます。

また、運動器疾患による痛みなどによって関節の曲げ伸ばし、立っての着脱、トイレなどの日常動作を自力で行えなくなってしまいます。

人間の関節や骨は80年持たない・・・と言われていますが、既に70歳以上になると男女とも95% 以上の人がロコモ対象との統計があります。日本人の平均寿命は男性80歳,女性86歳。10年以上も困難を強いられた生活を送ることになるのです。

しかし、骨や筋肉は適度に使うことで代謝を繰り返しいくつになっても成長するので、もう年だから・・・と諦めずに、健康自立寿命を少しでも延ばし、充実した日常生活を送れるようにしましょう!

“あなた” は大丈夫?

□カートや杖を使用している
□背中が丸まったまま起こせない
□まっすぐ立てない
□床からの立ち上がりが困難
□ペットボトルのキャップが自分で開けられない
□前の日食事の内容を思い出せない
□デイサービス・デイケアの利用を検討している・利用している
⇒ひとつでも該当する方は「ロコモクラス」へ

※ロコモとは:運動器症候群、ロコモティブシンドロームの略。
 上記に一つでも当てはまる方は、ロコモティブシンドロームになっているかもしれません。

ロコモではなさそうだけど、この先が心配?

□急に太ってきた・痩せてきた
□疲れがとれない・体力が落ちてきた
□歩くときふらふらする
□おトイレが近くて外出が不安
□食欲が落ちてきた・食事中むせる
□目を開けて片足立ちが20秒できない
⇒該当する方は「ニューエルダークラス」へ

※ニューエルダーとは:60歳~70歳代の前半の世代。
 上記に一つでも当てはまる方は、一見健康に見えても体力の低下に伴って、ロコモ予備軍になる可能性が高い。